プロフィール

ちろるまま

Author:ちろるまま

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
いくつになったの
Twitter
Instagram
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

血尿悪化

1月26日
チロの血尿が酷くなりました。
おしっこを出している時に分かるくらい赤い。
慌てて病院へ駆け込みました。


お薬が合わなかったのか?
獣医さんからは「ピロキシカムは膀胱がんの治療でも使われるので、これが影響するとは考えにくい」と言われました。

再度、結石がないかレントゲン検査しましたが、病院へ行くと怖くてハァハァしちゃうチロルのお腹は空気が溜まっていてハッキリと写らない事態に。
そのまま、病院に預けてレントゲン撮り直し。
午後に迎えに行くもやっぱり完全には空気は抜けなくて、次の日に再度撮り直すことに。
お薬は一旦中止。
血液検査もしましたが、結果の説明もデータもこの時はもらえませんでした。


27日
前日より尿の色は少しだけマシになったけれど、赤い。
お水を飲んでる割に量が出ていないことも伝える。

再度、レントゲンを撮るもやっぱり空気が入っていて分かりづらい。
ダメ元で造影剤を入れて検査をしてみたけれど、これといった原因は見つからず。
これ以上はやりようがなく、設備が整った病院での精密検査を勧められました。
お薬はこのまま中止して、精密検査を受けるか考えてほしいとのこと。

昨日の血液検査データをもらったら、今まで正常値だったクレアチニンも上昇してました。
帰ってから調べたよ、ピロキシカムの副作用。
その中の一部ですが

腎障害を悪化させることがある。
乏尿、血尿、尿蛋白、尿素窒素、クレアチニン上昇、高カリウム血症、低アルブミン血症等があらわれた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行う。


チロルに出た、乏尿、血尿の悪化、尿蛋白、尿素窒素、クレアチニン上昇は副作用の可能性が高いと飼い主は考えています。(元々出ていた症状より酷くなった部分)
何が起こってるか原因が分からない状況での投薬だったので仕方ないですし、獣医さんを責めてはないですよ。

精密検査はいろいろな面で悩み中です。


尿の色の変化。
光の当たり加減で写りも違いますが…
26日は27日の尿よりもっと赤くて、驚いてすぐに病院へ行ったので写真は撮っていません。
お薬中止で色味は元に戻ってきたけど…。

1月27日
20180127.jpg

28日
20180128.jpg

29日午前
20180129 001

29日午後
20180129 002

30日
20180130 001
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント